2008年4月3日木曜日

NyARToolkitをJWSとAppletにする!

MixiのJavaコミュで"A虎@"さんが公開されたARToolkitのJava実装NyARToolkitを
JavaWebStart化、及びJava Applet化してみました。

NyARToolkitのページ
http://nyatla.jp/nyartoolkit/wiki/index.php

JWSサンプル
http://www.ylab.ai.kyutech.ac.jp/~shiva/jws/nyartoolkit/simplelite.jnlp

Java Applet サンプル
http://www.ylab.ai.kyutech.ac.jp/~shiva/applet/nyartoolkit/index.htm

マーカー用PDF(NyARToolkitに同封されているものです)
http://www.ylab.ai.kyutech.ac.jp/~shiva/jws/nyartoolkit/pattHiro.pdf


ビデオキャプチャデバイスを接続した状態で起動してください。
デバイス探索に2,3分かかる場合があります。
証明書が個人で発行したものであるため、警告が出ますが無視してください。

JMFインストール済みでない環境での動作が確認されていないので、
動いた!!という方、報告いただけると嬉しいです^^

4 件のコメント:

mer2 さんのコメント...

JMF無し環境ですが、ばっちり動きました

Shinobu IZUMI さんのコメント...

動作報告ありがとうございます!
後はこれを使いやすいライブラリの形に出来るといいのですが、、、時間あるかな。。。

ちょん さんのコメント...

はじめまして、最近ARToolKitに興味をもち始めたものです。
ニコニコ動画で見た、ムービープレーヤーのようなARアプリケーションはshivaさんのプログラムでしょうか??
もしそうであるなら、私にソースプログラムを見せてもらえないでしょうか?
どのように描画領域を指定しているのか、動画のコーデックなどの問題は、など気になるところがいっぱいです。
ご検討よろしくお願いします。

Shinobu IZUMI さんのコメント...

ちょんさん、コメントありがとうございます。
ニコニコ動画に上がっているのは私のプログラムではないと思います。
お話の動画を見ていないのでなんともいえないのですが、NyARToolkitを使われていて、JMFがサポートしているコデックであれば、読み込んだ後は、他のARアプリケーションと同様の手法でプログラムできると思います。